梅雨の中休み

2020/6/13

今回、紹介する植物は、「ギョクシンカ」Tarenna kotoensis (Hayata) Kaneh. et Sasaki var. gyokushinkwa (Ohwi) Masam.

6月は梅雨前線の動きによって天気がコロコロ変わるのですが、ずっと降り続くわけではなく晴れ間がでる梅雨の中休みもあります。

そんな梅雨の中休みの時、屋久島の標高が低い所を散歩するとギョクシンカが咲いているかもしれません。

ちょっと薄暗い雰囲気の森のはしっこのほう、車道や登山道沿いにある可能性がたかいです。

屋久島とか沖縄の森は常緑の森でけっこう薄暗いのですが、このギョクシンカが咲いていると真っ白な花だけになんか明るい気持ちになります。

関連記事

  1. 奥岳の冬を生きる木

     今年の1月はキーンと冷え込んだ日がけっこう続き、冬らしい…

  2. 照葉樹林の木漏れ日で

    久しぶりの投稿。古賀です。写真家グループ「yakushim…

  3. リュウキュウカイロラン

    2022/3/24 学名:Cheirostylis…

  4. ヤクシマハシカグサ

    2021/9/5 和名:  ヤクシマハシカグサ 学名: …

  5. クサスギカズラ

    2022/4/25雄株雄株雌花実…

  6. ヒメウマノミツバ

    ヒメウマノミツバ Apiaceae(セリ科) 学名: Sanic…

  7. ナガバトンボソウ

    2021/8/28和名:ナガバトンボソウ学名:Platan…

  8. ヤクシマシャクナゲの開花始まる

    屋久島の山岳部に自生する小ぶりなヤクシマシャクナゲ。中間集落の神様…

PAGE TOP