森の子猿


西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシカ)

屋久島の猿と鹿は本土のそれより小ぶりだ。

この日は子猿が木々の間に挟まっており、その姿を見ると、自分も子供の頃にこういう遊びをしていたなと思い出しました。

こちらは同じ森にいたヤクシカ。

人間のことをじっくり見てくる鹿が多いです。
鹿にとって人間はどんな風に見えているのでしょうか。

西部林道を車で走っていると、道路の真ん中に猿たちが鎮座している光景に出会います。
車が近づいて行っても、全く動こうとしないこともしばしば。
ここでは人間はよそ者。

リラックスして、のんびりと寛いでいるような姿を見ると、なんとも平和でほっこりします。

猿や鹿が安心して暮らせるような森をいつまでも残したいですね。

関連記事

  1. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  2. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  3. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  4. Cybaeus yakushimensis

    【屋久島図鑑】No.11今回の写真は虫やクモが苦手な方には申し訳無…

  5. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  6. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  7. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  8. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

PAGE TOP