森の子猿


西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシカ)

屋久島の猿と鹿は本土のそれより小ぶりだ。

この日は子猿が木々の間に挟まっており、その姿を見ると、自分も子供の頃にこういう遊びをしていたなと思い出しました。

こちらは同じ森にいたヤクシカ。

人間のことをじっくり見てくる鹿が多いです。
鹿にとって人間はどんな風に見えているのでしょうか。

西部林道を車で走っていると、道路の真ん中に猿たちが鎮座している光景に出会います。
車が近づいて行っても、全く動こうとしないこともしばしば。
ここでは人間はよそ者。

リラックスして、のんびりと寛いでいるような姿を見ると、なんとも平和でほっこりします。

猿や鹿が安心して暮らせるような森をいつまでも残したいですね。

関連記事

  1. マダラトビエイ

  2. 縄文杉と鹿

  3. ハヤブサがアマサギを捕食

    晴天続きで梅雨が明けそうな屋久島でドラマチックなシーンに出…

  4. ヒレンジャク

    ヒレンジャク来ました!!宮之浦メインストリートの電線に7〜…

  5. 奇跡のような日常

    みんなから2ヶ月ほど遅れてのはじめてとなる投稿です。…

  6. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  7. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  8. チリグモ

    【屋久島図鑑】No.16好きの反対は嫌いではなく無関心と言いますが…

PAGE TOP