森の子猿


西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシカ)

屋久島の猿と鹿は本土のそれより小ぶりだ。

この日は子猿が木々の間に挟まっており、その姿を見ると、自分も子供の頃にこういう遊びをしていたなと思い出しました。

こちらは同じ森にいたヤクシカ。

人間のことをじっくり見てくる鹿が多いです。
鹿にとって人間はどんな風に見えているのでしょうか。

西部林道を車で走っていると、道路の真ん中に猿たちが鎮座している光景に出会います。
車が近づいて行っても、全く動こうとしないこともしばしば。
ここでは人間はよそ者。

リラックスして、のんびりと寛いでいるような姿を見ると、なんとも平和でほっこりします。

猿や鹿が安心して暮らせるような森をいつまでも残したいですね。

関連記事

  1. ベニイカリモンガ

    【屋久島図鑑】No.2良く聞く虫の豆知識に「蝶は 翅(はね)を閉…

  2. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  3. ロウソクギンポ 屋久島

    潮だまり水深2cmの神秘

    2012年、第29回全日本写真連盟「いつまでも守り続けたい 日本の…

  4. のどかな食事風景

    広大な花之江河でどうしてそんなに密に...極上の草がはえて…

  5. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

  6. 小雨ふる照葉の森で

    何年か前に雨の時に撮った写真です今日の屋久島は久しぶりにま…

  7. ミナミハコフグ 屋久島

    ミナミハコフグ

    幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化してい…

  8. シテンヤッコ 屋久島

    シテンヤッコ

    2011年8月22日観音にて撮影…

PAGE TOP