森の空

山を歩いていると、ついつい目線が目的地の方向へと広がってしまうが、
ふと立ち止まって息を整え、上を向くとそこにも自然が広がっている

今回紹介する屋久島ではわりとよく見る景色の一つで、空に向かって大きく手を広げるように舞う枝っぷりに、この木のここまでの成長過程を想像してしまいます。

この木々たちは優しい環境で育ったわけではなく、荒々しい気象条件と、じわじわと周りから迫り来る植物たちの枝を避けて、自らの存在できる場所を確保したわけです。

平地から広がる空を眺めるのも好きですが、
ふと立ち止まったとき、
森の空を楽しむのも、山歩きの楽しみの一つです。

森の中から見る空には、たくさんのドラマが存在しています。
目的地だけじゃなく、そのプロセスにも、心を動かすたくさんのエッセンスが隠されていますね。

関連記事

  1. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  2. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  3. 淀川の紅葉

    屋久島の山は紅葉する木が少ないのですが、淀川ではコハウチワカエデが…

  4. うつくしきもの

    「うつくしきもの」1週間に1回の古賀です。最近どう…

  5. 小雨ふる照葉の森で

    何年か前に雨の時に撮った写真です今日の屋久島は久しぶりにま…

  6. ガジュマルお爺さんと少女

     ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さんどんな…

  7. 記憶

    前回の投稿『奇跡のような日常』でご紹介したのと同じ川です。…

  8. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

PAGE TOP