永田岳と夕照

形容する言葉が見つかりません。

そんな時、僕らの先祖はその存在を「カミ」と名づけたのかもしれません。自然の中には言語で形容できない感動や造形美がたくさん存在しています。八百万の神々の由来はその存在の多さにあるのかなと、島の奥岳を歩いているとよくそう思います。

屋久島の山頂には宗教的な理由で下界から持ち込まれた石の祠がたくさんあります。がしかし、山頂に着くまでに、石や高山植物、太陽、ヒキガエル、川の水などなど、八百万回ぐらいお参りしながら登ってきているので、人工的な祠にはいっさいお参りする気になれません。

カミは創り出すものではない。いつもどこにでも存在しているものだと、山は無言で教えてくれる。里にも都会にも。

関連記事

  1. 障子尾根の森

    写真は、障子尾根の10峰と11峰の間を縦走しているときに撮影したも…

  2. 雨と雨のあいだ

    今日は、朝一番で中間集落の海の撮影へ。自宅がある平野集落は晴れてい…

  3. 山岳太古の香りに包まれて

    この山域で人に出会ったことは一度もないこの森でゴミを見かけ…

  4. 障子尾根と天の川

    あらよ、夜の松田です。先日メンバーの田中と障子岳の撮影に行…

  5. 新月の夜

    たまには夜の古賀です。久しぶりに夜の山をさまよってきました。…

  6. 障子尾根、冠雪。

    今年の降雪はとても遅かったです。さあ、これから白銀の屋久島…

  7. 天空の山~雲に浮かぶ黒味岳~

    あらよ、松田です。今回の写真は朝日に照らされた黒味岳です。…

  8. 種子島から昇る朝日と明星岳

    はじめまして。Yakushima Film 6番目の男、笹川 健一です。…

PAGE TOP