永田岳に彩りをそえるミツバツツジ

4月の下旬から咲き始めるヤクシマミツバツツジは今が見頃です。ヤクシマには様々なツツジが生きていますが、彼らは奥岳の標高およそ1700m以上の過酷な環境を好んでいる?アルパインツツジ。屋久島の固有変種です。5月の下旬まで楽しめます。

先発で白の花を鈴なりに咲かせていたアセビとバトンタッチするこの時期、運が良ければ両方の花を見ることができます。さらに運がいいと石楠花も開花が始まっているので、いつかこの3者がそろった姿を前景に、奥岳を後景にした写真を撮りたいと思っていますが、未だものにしていません。もし、写真を撮っている方がいましたら屋久島フィルムに提供してください!

そして、この岩を登ってくれるクライマーさんも募集中です!

ということで、今日はまだまだ撮りたいシーンがたくさんあるという欲望のさらけ出しと、みなさんに協力を求める投稿でした。。。笑

これから、高山植物がつぎつぎに咲きだすので、紹介していきますね。

  

関連記事

  1. 永田岳からのぞむ硫黄島

  2. 障子岳 屋久島

    障子岳と口永良部島

    障子尾根には12のピークを数えることができる。岩尾根の永…

  3. 永田岳と霧虹とブロッケン現象

    奇跡は突然目の前に起きる。ちょっとした偶然が、こんな景色を目の前に…

  4. 冬のローソク岩/永田岳

    永田岳の西側を飾るローソク岩拡大したら、ブロックを積み上げたような…

  5. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  6. 高塚山の鏡岩

  7. 5.18豪雨

    あらよ!松田です。今回紹介するのは令和元年5.18豪雨のと…

  8. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

PAGE TOP