流水不腐

流水不腐

松田です。

屋久島の沢はとにかく美しい。風景、空気、音すべてが美しい。

『流水不腐』奥岳のから流れる沢での一コマ。

本筋を流れる碧き清らかな水とポットホールに留まる淀んだ水。

同じ環境にありながら動き続けるのか止まるのか。

川は大地の血管のようなもので、本流が太い血管ならば小さな沢は毛細血管のようなもの。海からできた雲は雨として血液として大地に降り注ぎ、沢筋は森の中に幾重にも張りめぐらされ、水は血液はその道を通り大地を潤し海へと下る。

沢を血管と考えるならば当然止まるとよくない。人間も自然も同じこと。

『流水不腐』とは自分が好きなミュージシャンの楽曲でありアルバムのタイトル。『流れる水は腐らない。止まったらたちまち腐るの』という歌詞がすっと入ってきた瞬間の写真。自然はリアルな先生だなぁ。

関連記事

  1. 蛍の記憶

    蛍の記憶 浪人時代だったろうか、宮本輝の「螢川」を読んだ時、目の前…

  2. 天上天下唯我独尊

    仏教の開祖であるブッダは、生まれてすぐに七歩あるき「天上天下唯我独…

  3. 人による開発の跡地を彩るヤマザクラ

    毎年3月下旬から4月中旬にかけて標高500〜1000mの中山のヤマザクラが…

  4. 烏帽子岳 屋久島

    屋久島民謡「まつばんだ」公開

    https://youtu.be/LepquUW-tPA…

  5. 秋の山肌

    一見、華やかそうに見えますが、オレンジ色に見える部分のほとんどは落…

  6. 黄金色に染まる奥岳の朝

    雪で一面、白くなった世界は、太陽が登ると黄金色に染まった。…

  7. 種子島から昇る朝日と明星岳

    はじめまして。Yakushima Film 6番目の男、笹川 健一です。…

  8. 天使のはしご

    こんにちは、yakushima filmメンバーの古賀です。…

PAGE TOP