海を飛ぶアカウミガメ

屋久島 アカウミガメ

この季節、アカウミガメのオスがメスを求めてか海の中でウロウロしています。カメラを構えているとオスはよく大接近してきます。メスが寄ってくることはいままでないので、オスならではなのでしょうか。

威嚇なのか。僕をメスだと思ったのか。カメラぎりぎりまで泳いで寄ってきてUターンしていきます。泳ぐというより飛んでくると表現した方があってるかもしれません。その向かってくる野生のスピード感は、弱者としては恐怖心が芽生えます。それと同時に、威厳のある美しさに見惚れてしまう自分もいます。陸だとノロノロ産卵してますが、海だとめちゃくちゃスピーディでかっこよく、スーパースターのような佇まいです。

甲羅が欠け、海藻を体にまとい、直径1mを超える何とも風格のある漢でした。

ウミガメに子育てなんて生優しいものはなく、孵化した瞬間から体一貫の一人旅が強制的にスタートします。生まれてみたらどこにも両親がいない人生、かなりストイックですよね。笑

人は大人になるにつれ、モノを所有することが生きがいになっていく人がとても多いですが、彼らは人生においてモノを所有することはいっさいありません。

外敵の多い大海での彼の日常に想いを馳せると、心の中で彼の存在がよりいっそう大きな存在となって、陸に上がっても彼のことを考えてしまいます。

 

野生動物と僕の人生が

言葉を交わす間もなく

数秒だけ交わり

終わり

また別々の人生を進んでいく

 

人間界ではごくごく当たり前のことなのだけれど、この刹那の出会いが僕の人生をとても豊かなものにしてくれています。

人間関係においても

きっと

  

関連記事

  1. 上昇していく魚群

    外敵から身を守るために普段は漁礁の隙間にひしめき合いながら身を寄せ…

  2. 戦闘機を棲み家にする魚たち

    Fishes living around a sunken fig…

  3. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  4. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  5. チリグモ

    【屋久島図鑑】No.16好きの反対は嫌いではなく無関心と言いますが…

  6. Like a Rising Sun

    Yakushima is registered as a …

  7. 草むらの命

    松田です。梅雨真っ盛りのなか雨の写真を撮りに行きたいのです…

  8. 緑一色の森

    2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかと…

PAGE TOP