照葉樹林と雪山

本日、安房前岳冠雪しました。
明星岳も見事でした。

志戸子の山々や愛子岳も白くなっているようですね。平野から見て南部はそんなに雪がなさそうだったので行きませんでしたがモッチョムはどうだったのかなあ。

屋久島は日本の四季を感じられる最南端の島なのかもしれません。恒温動物として寒い外気は本能的に忌み嫌ってしまいますが、このキーンとした風が吹くからこそ、春や夏に飛び切りの幸福感を感じるので、僕にとってはとても貴重な季節の真っ只中。

しばし、シベリアの香りを楽しめる日々が続きそうです。 

関連記事

  1. 障子尾根をすりぬけてゆく雲

  2. 流水不腐

    流水不腐 松田です。屋久島の沢はとにかく美しい。風景、空気…

  3. 山岳太古の香りに包まれて

    この山域で人に出会ったことは一度もないこの森でゴミを見かけ…

  4. 岩氷

    宮之浦岳山頂の『岩氷』北西の風と黒潮の作る芸術を満月の夜と…

  5. 障子尾根、冠雪。

    今年の降雪はとても遅かったです。さあ、これから白銀の屋久島…

  6. 雪の永田岳登頂を目指す人

    A person who aim to climb Mt.Naga…

  7. 覚悟の朝

    松田です。真冬のある日、翁岳から昇る朝日をとらえた一枚です…

  8. リトルクライマー

      先日娘の愛虹香を連れて3日間山に籠もってきました。ガ…

PAGE TOP