福の鳥にばったり☆

こんにちは。福留です。

夜にフクロウのような鳴き声を聞いたことはあったけど、なかなか姿を見ないので、なんとなく馴染みのない鳥だったのですが、いつもの散歩道で偶然にも出会ってしまいました!

何気なく目をやった道脇の枝の上に、ちょこんと小さなフクロウ!

夜行性なので、昼間は眠そうです。

そして、顔だけこちらを見ていながらも動きません。

動かないからと言って、平気なわけではなく、警戒する時に立てる羽角という、猫の耳みたいな羽を立てて、こちらの様子を伺っているのです。

日本で見られるフクロウ科の鳥の中で最も小さい「コノハズク」。

日本には夏鳥として渡ってくるようです。

屋久島には、亜種の「リュウキュウコノハズク」が留鳥としているようです。

コノハズクも渡りの途中で立ち寄るので、見た目では両種の識別は難しく、どっちなんだろう?という感じです。

両種は鳴き声が全く違います。

聞いたことある鳴き声はリュウキュウコノハズクの方なので、おそらくそうではないかと思います。

いずれにせよ、こんなかわいい鳥に出会えるなんて、本当に福が舞い込んだ気持ちになりました。

写真は、2020年7月16日撮影。

関連記事

  1. ロウソクギンポ 屋久島

    ロウソクギンポ

    ロウソクギンポ の繁殖行動が始まっています。体全身をオスは婚姻色と…

  2. セイタカシギ(背高鷸)

    椨川集落の棚田に、水が入りはじめました。島の南部ではもう田植えが終…

  3. マムシ

    会いたかったけどなかなか会えないマムシ。蛇の眼差しはけっこう好きで…

  4. マダラトビエイ

  5. オラウータンクラブ

    ナガレハナサンゴを棲み家にするオラウータンクラブ。赤茶の毛をはやし…

  6. 小雨ふる照葉の森で

    何年か前に雨の時に撮った写真です今日の屋久島は久しぶりにま…

  7. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  8. 雄のイチモンジブダイの寝顔

    魚たちは目をつぶらないで眠ります頭に海藻をペタッと…

PAGE TOP