緑一色の森

2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかという感覚で、昨日のことのように鮮明にこの瞬間の空気感を覚えています。

年をとっていくと昨日の夜は歯を磨いたかよくわからなくなってしまうほど、どんどん日常の出来事や会話を忘れていってしまうけど、強烈に脳に刻み込まれた感動だけはより輝きを増しているような気がします。それはきっと人生を重ねていく中で感動体験がもう僕の脳みそのハードデスクの容量をオーバーしている証拠。決して脳の老化ではない。笑

だから、くだらない思い出はどんどん削除して、人生の記憶を感動でぎっしり埋め尽くしちゃおう。

関連記事

  1. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  2. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  3. ロウソクギンポ 屋久島

    潮だまり水深2cmの神秘

    2012年、第29回全日本写真連盟「いつまでも守り続けたい 日本の…

  4. ハナミノカサゴ

  5. ニホンイタチ

    イタチは、動物性の食べものを好む屋久島の山では唯一の肉食獣。ネズミ…

  6. 奇跡のような日常

    みんなから2ヶ月ほど遅れてのはじめてとなる投稿です。…

  7. ハリセンボンの口内を掃除するニセアカホシカクレエ…

    海の中にはクリーニングステーションと呼ばれるスポットがあって、いろ…

  8. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

PAGE TOP