緑一色の森

2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかという感覚で、昨日のことのように鮮明にこの瞬間の空気感を覚えています。

年をとっていくと昨日の夜は歯を磨いたかよくわからなくなってしまうほど、どんどん日常の出来事や会話を忘れていってしまうけど、強烈に脳に刻み込まれた感動だけはより輝きを増しているような気がします。それはきっと人生を重ねていく中で感動体験がもう僕の脳みそのハードデスクの容量をオーバーしている証拠。決して脳の老化ではない。笑

だから、くだらない思い出はどんどん削除して、人生の記憶を感動でぎっしり埋め尽くしちゃおう。

関連記事

  1. 記憶

    前回の投稿『奇跡のような日常』でご紹介したのと同じ川です。…

  2. バイオレットボクサーシュリンプ

    屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボ…

  3. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

  4. 福の鳥にばったり☆

    こんにちは。福留です。夜にフクロウのような鳴き声を聞いたことはあっ…

  5. シマギンポに恋の季節到来

    屋久島のタイドプールにはさまざまなギンポたちが生息しています。ギン…

  6. ロウソクギンポ 屋久島

    潮だまり水深2cmの神秘

    2012年、第29回全日本写真連盟「いつまでも守り続けたい 日本の…

  7. ロウソクギンポ 屋久島

    ロウソクギンポ

    ロウソクギンポ の繁殖行動が始まっています。体全身をオスは婚姻色と…

  8. シャクナゲ咲く山に向かっていく鹿

    ふと振り返ってくれて、素敵な背景で写真が撮れました。シャク…

PAGE TOP