緑色と緑色

新緑の緑色と川の緑色

 「緑」。この季節はよくこの言葉を使う。屋久島にいると、緑は普通だ。普通すぎると、言葉にすらしなくなってくるのだが、この季節は違う。普通が普通じゃなくなる。この言葉をよく使う。それだけ緑が素晴らしい。

 屋久島の新緑は人知を超えていて、どれだけの種類があるのかわからないほど色がある。人の言葉は心もとない。足りない。それでも古来の人たちはその緑色を意識に取り込むべく、たくさんの名前を付けてきた。ネットで検索すれば、聞いたことのないような緑色の名前も出てくる。僕なんかより、たくさんの緑を見て、たくさんの違いを見つけて、たくさん考えて、自分の中に取り込もうと必死になっていたのではないかと思う。

 それにひきかえ、僕は「あぁ、綺麗だなぁ」と。これぐらいしか言葉が浮かんでこない。あとは感覚的になってしまって、頭の中を緑色にして終わる。緑色に酔いしれて、しばし言葉を放棄してしまう。

 今年は特にそう思う。

 いつもは走り回って、通り過ごしてしまう緑色。もうちょっとじっくり緑色を見てみようと試みています。

YAKUSHIMAFILMのFacebookページも「フォロー」「いいね!」よろしくお願いします!屋久島の写真家&写真好きが熱い投稿連発してます。

https://www.facebook.com/Yakushima-Film-102302678100314/

関連記事

  1. 冬色の沢

    雪解け水で、意外にも水量が多かったこの日。冬は日差しが柔らかいので…

  2. ホンモノの楽園

    自然から享受できる無償のギフトは空気だけになってしまいました。…

  3. 蛍の記憶

    蛍の記憶 浪人時代だったろうか、宮本輝の「螢川」を読んだ時、目の前…

  4. 5.18豪雨

    あらよ!松田です。今回紹介するのは令和元年5.18豪雨のと…

  5. 流水不腐

    流水不腐 松田です。屋久島の沢はとにかく美しい。風景、空気…

  6. 森に落ちる滝

    奥岳の深い森に流れ落ちる無名の滝この優しげな滝が滝壺手前の…

  7. トンゴの滝 屋久島

    トンゴの滝

    昨日6月28日は山間部で24時間の雨量が300mmを超えるほどの雨…

  8. 冬の龍王

PAGE TOP