蛍の記憶

蛍の記憶

 浪人時代だったろうか、宮本輝の「螢川」を読んだ時、目の前で蛍が乱舞した。そんな「感覚の記憶」がある。文字を読むだけで脳内がその情景になる。本の内容は全くと言っていいほど覚えてないのだが、その感覚だけは未だに残っている。

 蛍の写真を撮る時、この「感覚の記憶」が蘇る。さらにはこの感覚を写真にしたいといつも思う。でも、「感覚の記憶」というのは意外と曖昧で明確なものではない。それでいて、良い部分だけが誇張され、気持ちいい記憶にまでなっている。厄介でもあり、気持ちよくもある。

 屋久島に住み始めてからというもの、毎年同じ場所で蛍を見に行くようになった。子どもが生まれてからは写真を集中して撮ることはできないが、ほんの数分間だけでも子どもが離れた時にシャッターを開ける。手の込んだ撮影はできないものの、撮ろうとする写真はあの「感覚の記憶」に近づけようと思ってしまう。かっちりしたアングルがあるわけでもなく、どのくらい蛍が飛んでいるかすらわからない。曖昧そのもの。だけど、近づけようと試みる。

 良い写真が撮れたとか納得いかない写真だとか、その辺はそれほど重要ではない。記憶と現実を行き来しながら写真を撮る。シンプルに楽しい。そこに結果がついてきたら、にっこりする。そんなことを今夜もやっていた。

YAKUSHIMAFILMのFacebookページも「フォロー」「いいね!」よろしくお願いします!屋久島の写真家&写真好きが熱い投稿連発してます。

関連記事

  1. 冬色の沢

    雪解け水で、意外にも水量が多かったこの日。冬は日差しが柔らかいので…

  2. ホンモノの楽園

    自然から享受できる無償のギフトは空気だけになってしまいました。…

  3. 桜とモッチョム

    山では雪が積もっていますが、里はポカポカと暖かい日が続き、…

  4. 稲刈りあとの静けさ

    松田です。久しぶりの投稿になってしまいました。先日盆を前に…

  5. 屋久島から見るロケット打ち上げ

    こんにちは松田です。先日2020年5月21日午前2時31分…

  6. 虹の島

    屋久島では頻繁に虹が見られる。虹を見ると嬉しくなるのは世界共通かな…

  7. 荒ぶる新緑

    荒ぶる新緑

    荒ぶる新緑最近、オンラインとオフラインを行き来している、ささっちょ…

  8. 5.18豪雨

    あらよ!松田です。今回紹介するのは令和元年5.18豪雨のと…

PAGE TOP