覚悟の朝

松田です。

真冬のある日、翁岳から昇る朝日をとらえた一枚です。

『覚悟の朝』

何もわからずカメラを買ってすぐに撮ったこの写真。氷点下の寒さも忘れ一瞬しかないチャンス、試行錯誤しながら必死に撮ったのを覚えています。

そしてこの写真はプライベートのことで大きな覚悟をした日。

そこにある事実だけではなく、撮り手の心も移すのが写真だと思っています。

撮り手の想いは写真に込められ時代を超えて伝わっていく。

何度も朝日は見ていますがこの日の朝日は色んな意味で格別で、これからもこの写真を見るたびに初心を思い出させてくれることでしょう。

追記

コロナでプライベートの時間が格段に増えた人多いのではないでしょうか?

ひとりの時間、恋人との時間、家族との時間

これをピンチととらえるのか、転機ととらえるのか。

正直収入もまったく無くなったのですが、不思議と不安に押しつぶされることはなく今までにない心境です。

こんなときにどんな写真が撮れるのか。

都会と屋久島は環境がまったく違いますが、各々の場所で各々の一枚を撮る。

その写真はこれから急激に変動していく時代において自分の立ち位置を記録する大切な一枚になるのではないでしょうか?

関連記事

  1. 屋久島から見るロケット打ち上げ

    こんにちは松田です。先日2020年5月21日午前2時31分…

  2. 屋久島 山岳写真

    山に行こう!

    自然を切り開いて建造された不自然な都会に対して、言語化できない違和…

  3. 竜の巣への入り口

    松田です。真冬の竜王参り雪解け水で暴れる竜はいつも以上の迫…

  4. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

  5. 人による開発の跡地を彩るヤマザクラ

    毎年3月下旬から4月中旬にかけて標高500〜1000mの中山のヤマザクラが…

  6. 永田岳と夕照

    形容する言葉が見つかりません。そんな時、僕らの先祖…

  7. 雨と雨のあいだ

    今日は、朝一番で中間集落の海の撮影へ。自宅がある平野集落は晴れてい…

  8. 新月の夜

    たまには夜の古賀です。久しぶりに夜の山をさまよってきました。…

PAGE TOP