記憶



前回の投稿『奇跡のような日常』でご紹介したのと同じ川です。

同じ場所なのに季節や時間帯、天気によって自然は全然違った世界を僕たちに見せてくれる

そして何よりも心の状態によって視えてくる深さが変化していく

一瞬として同じ瞬間はやってこない

二度と戻らない今、この瞬間に想いを込めて

シャッターを切る

僕たちは瞳というファインダーを通して、記憶という瞬間を撮り続けている。






関連記事

  1. 蛍の記憶

    蛍の記憶 浪人時代だったろうか、宮本輝の「螢川」を読んだ時、目の前…

  2. 奇跡のような日常

    みんなから2ヶ月ほど遅れてのはじめてとなる投稿です。…

  3. 緑色と緑色

    新緑の緑色と川の緑色 「緑」。この季節はよくこの言葉を使う。屋久島…

  4. ニホンイタチ

    イタチは、動物性の食べものを好む屋久島の山では唯一の肉食獣。ネズミ…

  5. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  6. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  7. 新緑の安房川

    3月から始まった新緑の季節。4月末の時点でまだ里でも楽しめます。緑…

  8. ヒロハヒノキゴケ(屋久島)

    渇きを潤せ!

    台風8号が過ぎ去り、暑さの戻った屋久島。3日続けての投稿ははじめて…

PAGE TOP