障子尾根の森

写真は、障子尾根の10峰と11峰の間を縦走しているときに撮影したもの。ここの山域の森は、陰りだすと怖さを感じてしまうほど深い。足の踏み跡もゴミも一切ない世界。

切れ込んだロ谷がそう思わせるのか、ほぼ垂直にそびえる尾根の山々がそう思わせるのか、3日かけてここまで来てしまった距離と時間がそう思わせるのか。

僕にとって障子尾根を歩くことは、地球の裏にあるブラジルを飛行機で旅するより遠く、果てしない。時間軸でイマジンすると、この小さな島に、とてつもなく広大な山岳が、南米大陸以上のスケールで僕の脳内に広がっている。

関連記事

  1. ヒロハヒノキゴケ(屋久島)

    渇きを潤せ!

    台風8号が過ぎ去り、暑さの戻った屋久島。3日続けての投稿ははじめて…

  2. 永田岳 屋久島

    山頂からの風景をひとめ見たくて

    ガイド山行で、夕陽待ちを永田岳でしていると、かっこいいカメラマンが…

  3. 屋久島から見るロケット打ち上げ

    こんにちは松田です。先日2020年5月21日午前2時31分…

  4. 種子島から昇る朝日と明星岳

    はじめまして。Yakushima Film 6番目の男、笹川 健一です。…

  5. 永田岳と霧虹とブロッケン現象

    奇跡は突然目の前に起きる。ちょっとした偶然が、こんな景色を目の前に…

  6. 神々の世界

    「ハッシャゲニア」北米インディアンの言葉で “天からの贈り…

  7. 山が不安定になるとき

    この日の天気予報は夜から雨の予報。山の天気は早めに崩れだすことが多…

  8. 雪の永田岳登頂を目指す人

    A person who aim to climb Mt.Naga…

PAGE TOP