障子尾根の森

写真は、障子尾根の10峰と11峰の間を縦走しているときに撮影したもの。ここの山域の森は、陰りだすと怖さを感じてしまうほど深い。足の踏み跡もゴミも一切ない世界。

切れ込んだロ谷がそう思わせるのか、ほぼ垂直にそびえる尾根の山々がそう思わせるのか、3日かけてここまで来てしまった距離と時間がそう思わせるのか。

僕にとって障子尾根を歩くことは、地球の裏にあるブラジルを飛行機で旅するより遠く、果てしない。時間軸でイマジンすると、この小さな島に、とてつもなく広大な山岳が、南米大陸以上のスケールで僕の脳内に広がっている。

関連記事

  1. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  2. 淀川の紅葉

    屋久島の山は紅葉する木が少ないのですが、淀川ではコハウチワカエデが…

  3. 竜の巣への入り口

    松田です。真冬の竜王参り雪解け水で暴れる竜はいつも以上の迫…

  4. 障子尾根をすりぬけてゆく雲

  5. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  6. 黒味岳

    入道雲と黒味岳

    こんにちは。今朝は、いい時間過ごせましたか?今朝の屋久島は遠い台風…

  7. うつくしきもの

    「うつくしきもの」1週間に1回の古賀です。最近どう…

  8. ガジュマルお爺さんと少女

     ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さんどんな…

PAGE TOP