障子尾根の森

写真は、障子尾根の10峰と11峰の間を縦走しているときに撮影したもの。ここの山域の森は、陰りだすと怖さを感じてしまうほど深い。足の踏み跡もゴミも一切ない世界。

切れ込んだロ谷がそう思わせるのか、ほぼ垂直にそびえる尾根の山々がそう思わせるのか、3日かけてここまで来てしまった距離と時間がそう思わせるのか。

僕にとって障子尾根を歩くことは、地球の裏にあるブラジルを飛行機で旅するより遠く、果てしない。時間軸でイマジンすると、この小さな島に、とてつもなく広大な山岳が、南米大陸以上のスケールで僕の脳内に広がっている。

関連記事

  1. 5.18豪雨

    あらよ!松田です。今回紹介するのは令和元年5.18豪雨のと…

  2. 雪の障子岳

    寒波が入って一気に冬に逆戻りした屋久島です。淀川登山口へ向かう林道…

  3. 高塚山の鏡岩

  4. 悠久なるとき

  5. 2021年元旦の屋久虹

    あけましておめでとうございます。2021年の始まりの屋久島…

  6. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  7. 障子岳 屋久島

    障子岳と口永良部島

    障子尾根には12のピークを数えることができる。岩尾根の永…

  8. 森の気に包まれる

    雨の森は密度が濃い。小さな小さな水の粒の中に、木や土が発する何かが…

PAGE TOP