雨と雨のあいだ

今日は、朝一番で中間集落の海の撮影へ。自宅がある平野集落は晴れていたので、しばらく火を入れていなかったバイクを起こして意気揚々、南下していると平内集落でキャブレターに水が入ってくるほどの豪雨に遭遇。エンスト寸前で中間に到着。

中間の海まできた目的はメンバーのアキのサーフィンしてるシーンをドローンで撮影すること。しかし、、、雨で全然撮影できなーい! ある場所が晴れていても、油断はできないなあ。屋久島あるあるです。

そんな梅雨ど真ん中の屋久島だけど、雨と雨のあいだには素敵なシーンで会うことがある。

写真は、真っ白だった山の風景の雲が徐々に消えていくときに撮影したもの。その後、雲はどんどんなくなっていった。

午前の雨は嘘のように午後からは青空が広がって、夏を感じさせる晴天へ。まだまだ天気予報は梅雨のサインだけど、ゆっくりと夏に向かっている屋久島です。

関連記事

  1. 永田岳 屋久島

    山頂からの風景をひとめ見たくて

    ガイド山行で、夕陽待ちを永田岳でしていると、かっこいいカメラマンが…

  2. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  3. 障子尾根、冠雪。

    今年の降雪はとても遅かったです。さあ、これから白銀の屋久島…

  4. 秋の山肌

    一見、華やかそうに見えますが、オレンジ色に見える部分のほとんどは落…

  5. 障子尾根の森

    写真は、障子尾根の10峰と11峰の間を縦走しているときに撮影したも…

  6. 曇天

    どんな悪天候でもきっとどこかには差し込んでいる天か…

  7. 永田岳からのぞむ硫黄島

  8. 人による開発の跡地を彩るヤマザクラ

    毎年3月下旬から4月中旬にかけて標高500〜1000mの中山のヤマザクラが…

PAGE TOP