雨の森に光さす

濃霧の森に光さす 屋久島

外国にはないと言われている「木洩れ陽」という日本独特の言い回しのこの表現が僕はとても好きだ。森に差し込む太陽の光は断然、雨の日が格別だ。

何も期待できないほどの土砂降りでも、こんな瞬間がある。宇宙から見たのなら針の穴ほどの雲の切れ間なのだろう。

太陽の位置と、雲の切れ間、そして僕が一直線になったとき、霧の中からなんともいえない柔らかい明るさで、びしょ濡れの僕のもとへ陽が差し込んできてくれる。奇跡をキャッチできた気分だ。晴天では到底味わえない幸福感。

山での幸せはいつも、下界で忌み嫌われる不快感の先に存在している。

関連記事

  1. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  2. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  3. 悠久なるとき

  4. ガジュマルお爺さんと少女

     ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さんどんな…

  5. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

  6. 古木と星とヒトの時間

    松田です。屋久島には立ち枯れした巨木たちが無数にあります。…

  7. サルを毛繕いするシカ

    高久がサイトの乗っ取りをかけて10枚も一気にアップしてきたので、乗…

  8. 記憶

    前回の投稿『奇跡のような日常』でご紹介したのと同じ川です。…

PAGE TOP