雲のように

千切れてはくっついて気まぐれに姿を変えながら水を運ぶ雲たち

雲の旅がもしなかったら山はなんて退屈なんだろう

雲が動きだすと体の中の水が反応して人の心も不思議と動きだす

人もまた雲のようになりたい自分へと

ありのままの自分へと

 

食事をつくり家(テント)をつくり暮らすように屋久島の奥岳を旅していると変えちゃいけない自分の中心核と変えちゃったほうが楽しくなるなというヒラメキが雲から降りてくる

それをキャッチできるスピードで

それをいっしょにキャッチしてくれる仲間と

関連記事

  1. 障子尾根をすりぬけてゆく雲

  2. 黒味岳

    入道雲と黒味岳

    こんにちは。今朝は、いい時間過ごせましたか?今朝の屋久島は遠い台風…

  3. 永田岳と夕照

    形容する言葉が見つかりません。そんな時、僕らの先祖…

  4. 永田岳に彩りをそえるミツバツツジ

    4月の下旬から咲き始めるヤクシマミツバツツジは今が見頃です。ヤクシ…

  5. 彩雲

    松田です今日の屋久島は梅雨が明けたかのようないい天気となり…

  6. 奥座敷の星空

    松田です。『奥座敷の星空』今回は奥岳への道の途中、小花之江…

  7. 雲海の発生しやすい季節が到来

    この時期に屋久島の標高の高い山に登ると雲海が見れることが多いです。…

  8. 種子島から昇る朝日と明星岳

    はじめまして。Yakushima Film 6番目の男、笹川 健一です。…

PAGE TOP