雲のように

千切れてはくっついて気まぐれに姿を変えながら水を運ぶ雲たち

雲の旅がもしなかったら山はなんて退屈なんだろう

雲が動きだすと体の中の水が反応して人の心も不思議と動きだす

人もまた雲のようになりたい自分へと

ありのままの自分へと

 

食事をつくり家(テント)をつくり暮らすように屋久島の奥岳を旅していると変えちゃいけない自分の中心核と変えちゃったほうが楽しくなるなというヒラメキが雲から降りてくる

それをキャッチできるスピードで

それをいっしょにキャッチしてくれる仲間と

関連記事

  1. 高塚山の鏡岩

  2. 竜の巣への入り口

    松田です。真冬の竜王参り雪解け水で暴れる竜はいつも以上の迫…

  3. 平石岩屋からのぞむ永田岳と寝待

  4. シャクナゲの朝

    障子尾根4峰「寝待」から朝日が登る 一切人工物のな…

  5. 栗生集落の新緑風景

    屋久島は春里も楽園になる栗生の新緑の照葉樹林の奥に聳える七…

  6. 荒ぶる新緑

    荒ぶる新緑

    荒ぶる新緑最近、オンラインとオフラインを行き来している、ささっちょ…

  7. 屋久島 シャクナゲ 新緑

    新緑とシャクナゲ

    5月23〜26日で山に入ってきました。屋久島の里では新緑風景は落ち…

  8. 妖艶なる滝

    松田です。久しぶりの投稿となってしまいました。コロナはどこ…

PAGE TOP