靄(もや)

靄(靄)

出遅れてしまったのですが、なんなん(皆川直信)です。1枚目の投稿です。これから色々とアップしていきます。コロナ禍で屋久島への来島は自粛が望ましい状況ですが、少しでも屋久島の素晴らしさを伝えていけたらと。屋久島の中から発信していきます。誤解を恐れずに言えば、この状況だからこそ「伝える」、「伝わる」こともあるかと思います。

1枚目の投稿は「靄(もや)」。人と比べるわけではないのですが、木々たちは移動の自粛どころか一生を同じ場所で過ごします。そこで水を吸い、光を浴びて生きています。場所としては動きませんが、葉を増やし、根を伸ばし、そこで色々と奮闘しています。

そんな木々たちが靄の中で…。湿度が最高って酔っているかもしれないし、早く光を浴びたいと思っているかもしれない。木の気持ちはわかりませんが、そんな森を見て、僕は僕で奮闘していきたいなと。

YAKUSHIMAFILMのFacebookページも「いいね!」をよろしくです!屋久島の写真家&写真好きが熱い投稿連発してます。

関連記事

  1. 高塚山の鏡岩

  2. 竜の巣への入り口

    松田です。真冬の竜王参り雪解け水で暴れる竜はいつも以上の迫…

  3. 平石岩屋からのぞむ永田岳と寝待

  4. 雨と雨のあいだ

    今日は、朝一番で中間集落の海の撮影へ。自宅がある平野集落は晴れてい…

  5. 栗生集落の新緑風景

    屋久島は春里も楽園になる栗生の新緑の照葉樹林の奥に聳える七…

  6. 永田岳に彩りをそえるミツバツツジ

    4月の下旬から咲き始めるヤクシマミツバツツジは今が見頃です。ヤクシ…

  7. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  8. 永田岳と夕照

    形容する言葉が見つかりません。そんな時、僕らの先祖…

PAGE TOP