赤き大地に舞う


これまで写真3枚、そして映像を1本あげてきましたがやっぱり僕は人の写真を撮っている時が一番わくわくしている。

エチオピアの山奥で撮影していた時も地球を感じるような雄大な景色を前に何時間もそこに人が通るのを待っていた。

そこに人が入ることでそこの景色がグググッとさらにリアルに浮かび上がってくる。


僕の写真は人をクローズアップして撮るよりも自然の一部としてぽっつりと人を入れて撮ることが多い。

ぽっつり入ったその世界の中で人はちっぽけな存在として映る時もあれば、異彩を放ったとても可能性に満ちた大きな存在として映ることもある。

僕はそういった両極の人のあり方におもしろみを感じ、それを写真で表現したいと思ってる。

僕たちは木々や森、自然や地球からみたらミジンコみたいなちっぽけな存在

ただ同時に僕たちの中にそれをすべて創造してしまうような無限の可能性があるんじゃないかって思っているんだ。


この日の撮影は屋久島に住むDancerの方への還暦祝いとして撮影させてもらいました。

朝陽に照らされたむき出しの大地

特に曲を掛けて踊っていたわけじゃないのにファインダーを通して向こうの世界から音楽が聴こえてくる。

その音に誘われるように急にそこが赤土で照らされたネイティブアメリカンの聖地 セドナになったり、今度はフラメンコが流れてきてスペインに飛んだり、最後はプリミティブな歌声に導かれてマサイの住む大地へ瞬間移動したりと時空を超えて世界中にトリップできる。

撮影に無我夢中になればなるほどファインダー越しにいろんな物語が展開していく

それがあるから写真はやめられない。

1枚の写真を通して共に旅ができる。

そんな写真をこれからも撮っていけたらいいなって思っている。



関連記事

  1. 月光を浴びて

    夜の写真家松田です。今回は月明りで照らされた海岸の写真をお…

  2. Blue Ocean | 広く深く

    こんにちは、アキ(加藤 葵賛史)です。記念すべき、僕の第一号はこち…

  3. 生き物たちの世界へ

    コニタンとアオダイショウ梅雨入りから活動停滞気味の笹川です(笑)し…

  4. 朝日に照らされる新茶

    屋久島のオーガニックのお茶屋さん「八万寿茶園」の新茶PVが仕上がり…

  5. ネオワイズ彗星

    2020/7/22夜の松田がメンバーでがんばっていますが、たまーに…

  6. 朧月夜

    はじめまして松田浩和です。屋久島の夜は暗い。場所を…

  7. 矢筈の神さまがキャッチするもの

    屋久島は丸い島で少しでも沖に向かって泳ぎだすと、すぐそこは外洋。潮の流れが…

  8. 僕が思う、この島が人を魅了する理由

    島の90%が山で覆われている屋久島屋久島に来たことがある方なら「山…

PAGE TOP