セイタカシギ(背高鷸)

セイタカシギ 屋久島

椨川集落の棚田に、水が入りはじめました。島の南部ではもう田植えが終わっているので、毎年スロースターターな椨川。のんびりで何とも良か雰囲気です。

水が田に入り込むと、土中の虫が苦しくて泥の表面に出始めるのか、それを狙ってセイタカシギがやってきます。いまにも折れそうなぐらい細く、ピンクがかった赤色の脚が特徴です。

浅瀬で競合するサギや他のシギよりも脚が長いので、深い場所にまで足を延ばし、クチバシを水中に斜めに差し込んで、甲殻類、昆虫、ゴカイ、小魚などを食べているそうです。

セイタカシギ 屋久島

繁殖期は番いで生活し、縄張りをつくるそうです。非繁殖期は小さな群れで生活し、番いを中心とした家族が集まって群れを形成するようです。撮影日は、2羽でずっと行動していたので番いだったのかもしれません。

日本での繁殖時期は4-6月で、水際の見通しのよい場所に枯れ草などを重ねて営巣し4卵を産む(地表にそのまま産むこともある)。抱卵は雌雄共同で行い、抱卵日数は26-27日。営巣地が気象の影響(水害など)をうけやすく、また外敵からの捕食も多いことから卵の孵化率は2割弱といわれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/セイタカシギ

雛は早成性で、雛は孵化後すぐに巣の外に出て、自力で餌を探す。親鳥は雛を外敵から保護するが、給餌や餌のとり方の教授は行わない。雌の半分ほどは、育雛の途中で、雄と雛を残し繁殖地を離れてしまうが、その場合は残された雄が雛の世話を続ける。雛は孵化後26日程で飛べるようになる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/セイタカシギ

これから、この番いは卵を産み、棚田でヒナを育てるのでしょうか。餌の取り方を教えないスパルタ教育、そして早期による母親の育児放棄。ぜひ、遭遇してみたいものです。そして、一介の父親としては、妻が去った後の雄の子育てから、是非とも父親の精神を学ばせてもらいたいと熱望しております。

セイタカシギの子育て風景、見れたらいいな〜

絶滅危惧Ⅱ類(VU)

学名:Himantopus himantopus

関連記事

  1. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  2. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  3. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  4. ハナミノカサゴ

  5. ニホンイタチ

    イタチは、動物性の食べものを好む屋久島の山では唯一の肉食獣。ネズミ…

  6. シマギンポに恋の季節到来

    屋久島のタイドプールにはさまざまなギンポたちが生息しています。ギン…

  7. 緑一色の森

    2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかと…

  8. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

PAGE TOP