Psammoecus scitus

【屋久島図鑑】No.3
「んー。あなたはだぁれ?」と、心の中で呟きながらシャッターを切る。
トトロなら答えてくれるのですが、物言わぬ虫たちは写真を撮ってからが大変な場合があります。
それは同定と言って、生物の名前が何なのか調べる行為です。
基本的に図鑑を使いますが、載っていない場合があります。

この写真の昆虫の場合も載っていませんでした。
可能性は3つ
1.新種(未記載種)
2.図鑑が印刷された以降に見つかった新種
3.近隣諸国からやって来た外来種

1.の場合は私には太刀打ちできません。それに標本が必要ですが、写真しかありません。
2.3.の場合は論文を読む必要があります。
ただ、無暗に論文を探しても意味がなく、最低でも「属」と言う分類上のグループの名前が分かる必要があります。この属名が分かるまで半年。その後、下記の参考文献を見つけ同定に至りました。
※ずっと調べていたわけではありませんが。
この「 Psammoecus scitus 」が新種として世に公表されたのは2014年でした。
※これは学名と言って、世界共通の生物の名前です。日本の名前、つまり和名はまだありません。
結果としては「 2.図鑑が印刷された以降に見つかった新種 」でした。
つまり、2014年より前この昆虫を見つけても名前は分かりませんでした。
人間の科学力はありとあらゆることを解明し、自然について知らないことは無いように思えます。
しかし、まだまだ人間は自然を解明する途中です。
だから、今日も私はシャッターを切ります「 あなたはだぁれ?」と、心の中で呟きながら。

「 Psammoecus scitus 」 の分布は奄美大島、沖縄、宮古島、石垣島、西表島、与那国島となっています。
たぶん、この写真は屋久島初記録の瞬間。
体長は約3㎜。写真はトリミング無し。

参考文献:Yoshida, Takahiro & Toshiya Hirowatari. 2014 A revision of Japanese species of the genus Psammoecus Latreille (Coleoptera, Silvanidae). ZooKeys 403: 15-45.

和名:なし
学名:Psammoecus scitus
分類:コウチュウ目 ホソヒラタムシ科 セマルヒラタムシ亜科
撮影日:2019年9月19日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰集落

関連記事

  1. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  2. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  3. タコを捕食するアオウミガメ

    詳しい状況は動画でどうぞ。…

  4. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  5. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  6. チリグモ

    【屋久島図鑑】No.16好きの反対は嫌いではなく無関心と言いますが…

  7. ミナミトゲヘリカメムシ

    【屋久島図鑑】No.19新緑のこの季節、自宅の近…

  8. オオヨツボシゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.12地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫…

PAGE TOP